片平イーグルスの活動ブログ
川崎市麻生区少年野球連盟に所属する少年少女野球チームです。活動予定や試合結果を報告します。
2018年4月8日(日)AM リーグ戦VS上麻生少年野球部
平成30年4月8日(日)AM
リーグ戦
VS上麻生
@片球

【試合結果】
上麻 000100=1
片平 000105=6

監督賞=コウ
コーチ賞=タツミ

【試合経過】
1回表
課題である初回の守備。先発はコウ。早いカウントから打たせて、3人すべてサードゴロに取る。サードのユウタが落ち着いて捌き三者凡退。上々のスタート。

1回裏
先に点を取りたい。ユウタはショートゴロ、タカはセカンドゴロ、コウはセンターライナーと三者凡退。しかし、みんな好球を逃さず振り抜いている。

2回表
初回は完璧に抑えたが、この回は連続四球、キャッチャーフライでの1死を挟んで、もう1つ四球。少し力んだようで、自ら満塁のピンチを作ってしまう。ここからは開き直ったのか、成長が見られるのか、思いきりの良い投球で三振とピッチャーゴロに取り、最大のピンチを無失点で切り抜ける。

2回裏
ピンチの後にチャンスあり。アキが内野ゴロエラーで出塁。2盗3盗に成功し無死3塁のチャンス。前進守備を見て強攻するが、残念ながら三振、三振、センターフライで1点が遠い…。

3回表
相手1番からの打順。ファーストフライ、セカンドゴロ、ショートフライと8球でチェンジに。守備がガチガチになってる。リラックスリラックス。

3回裏
マサトが四球で出塁し、ユウタの送りバント成功で3塁まで進むが、あと1本が出ず、ホームが遠い。

4回表
4番をファーストフライ。5番は左中間への大きな飛球、俊足タツミがナイスキャッチ! 2死から四球を出し盗塁を許すと、その送球がエラーでセンター後方に転々とする間に、ついに先制点を許してしまう…。

4回裏
取られたら取り返したい。力投を続けるコウが、自らセンター前ヒットで出塁!すぐに2盗を決める。タツミのレフトフライがエラーを誘い1-2塁。四球で満塁とし打席にはカイセイ。相手パスボールで同点とする。さらに攻めるが同点どまり。しかし貴重な点を挙げる。

5回表
振り出しに戻って仕切り直し。初ヒットを許すが、コウは渾身の投球で2三振を取り、味方の反撃を待つ。

5回裏
三者凡退となるが、スイングは良くなってきた。

6回表
ピッチャーゴロで1死を取る。好打者の4番に右中間へ鋭いヒットを打たれる。抜ければ三塁打コースだが、俊足のタツミはこれをスライディングしながらストップする!(これは大きなプレー。球足の速い打球を良く止めてくれた!)強い気持ちが前面に出た、勇気あるプレーでチームを鼓舞する。そしてコウが冷静に牽制球で刺し、練習どおりのランダンプレーでツーアウト。次打者のファーストゴロを、タイヨウががっちり捕球しチェンジ。

6回裏
ピンチを切り抜けたイーグルス、チャンスを作りたい。この回先頭のコウが2打席連続のヒットで出塁。盗塁の後、アキは四球で1-2塁。タツミは送りバント成功、さらに送球が逸れる間にコウ、アキが還って逆転!四球2つで再度満塁と攻め立てる。シュウヤの内野ゴロはホームフォースプレーでアウト。2死となるが、ここでユウタが2点タイムリーとなるセンター前ヒットをかっ飛ばす!さらにコウが押出し四球を選びこの回5点。押せ押せムードで試合が進み、規定時間となりゲームセット。

【監督コメント】
今朝の開会式、ジュニアチームと一緒に整列。上級生として良いプレーを見せたいし、ナイスゲームをしたい。

昨日の敗戦を引きずるが、それとも切り替えられるか

試合前のミーティング。課題はなんだろう?みんなで出した答えは「集中力」。では、集中力を保つには、どうしたら良いのだろう?みんなでいろんな意見を出しあって臨んだ試合。

勝利したことはもちろん嬉しいが、自分たちで決めた課題を試合中ずっと意識しながら達成できた喜びは、格別のものだった。

さあ、次は強豪の若葉さん。勝てば上位リーグへの道が開ける。

試合をしながら、どんどん強く逞しくなる君たちの活躍を、楽しみにしています。

上麻生少年野球部さん、ありがとうございました。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://katahiraeagles.blog12.fc2.com/tb.php/818-2d6e28fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック