片平イーグルスの活動ブログ
川崎市麻生区少年野球連盟に所属する少年少女野球チームです。活動予定や試合結果を報告します。
片平イーグルス活動予定【2017年5月27日~5月28日】
先週土曜日は、運動会でした。
暑い中、お疲れ様でした!!


 そ・し・て 

トモヒロくん、トウワくん、イーグルスへようこそ♪
一緒にがんばりましょう!!!

それでは、週末の活動予定です(^-^)/
==============
2年生のお友達が2人イーグルスの仲間になりました
今週末からジャビットカップが始まります。5年以下はダブルヘッダー含め試合が続きます。怪我のないようみんな頑張りましょう。
==============
■5/27(土)
◯全員
白ユニ(5年以下)、夏帽、弁当
08:00~12:00 片球練習
*3年以下は09:00で構いません
09:30 体験会
13:00~16:45 片小練習
15:00 Jrリーグ戦vs虹ヶ丘@片小


■5/28(日)
○全員
紺ユニ、正帽、白ユニ(5年以下)、弁当、シャカパン
07:30 片球1塁側集合
08:00 ジャビットカップ開会式@片球
09:00~10:00 片小でアップ後、虹球に移動

11:30 ジャビット一回戦vs西生田@虹球

14:30~ Jrリーグ戦vs千代ヶ丘@千代小
17:00頃、片小解散

===勝手に言わせて ブログ担当より===
運動会。
片付けに参加していた友人が、
「イーグルスのお父さんたちが、仲よさそうに片付けしてたよ」
と言っていました。
(」*´∇`)」ヒューヒュー

2017年5月21日(日)AMリーグ戦大会ジュニア戦/ vsみどり少年野球クラブ
ジュニア戦 vsみどり少年野球クラブ
@南百合小

【Jr戦 監督総括】
第3戦。2敗で迎え、そろそろそれぞれのバットから快音を聞いて1勝を手にしたい1戦であった。
しかし結果は2-7で敗戦。

タツ:死球から足を生かした走塁でホームへの生還に絡む活躍。毎試合脚力を見せつけている
タカ:三振、内野ゴロとバットから快音なし。フライを上げないこと、鋭い打球を打つイメージを持とう
アキ:死球、四球で出塁し、足で次塁を狙い、得点に結びつけた。キャッチャーとして、良いチームリード、ワンバウンドの捕球など生き生きとしていた
コウ:4番へ配置された緊張感からか、2三振。高めのボールと伸びあがってしまうスイングを修正しよう!
ユウタ:内野ゴロ、四球と快音は聞けなかった・・・。残念
シュウヤ:残念ながら安打出ず。あと少し!
マサト:三振、四球。出塁した際の集中力を練習していこう
ケイスケ:内野ゴロ、四球。三振がなかったのは成長の証
リンセイ:バッターボックスから逃げないスイングを見たかったが、体調不良で交代・・・。残念
コウキ:四球、死球と痛さにも負けず、全打席出塁。良くやった!目指せヒット!


ピッチャーはタカが先発、2番手としてユウタが登板した。
先発は3回70球5三振と球数は多くなったが、迷宮に入り込むことはなかった。ストライクが先行した後のボールの数を減らし、少ない球数でテンポ良く次回へいけるよう、練習しよう。

2番手としてユウタが公式戦2登板目。打撃に定評のあるチームでもあり、3連続ヒット。しかし、その後、落ちることなく内野ゴロ、2三振と、1回26球で締めた。
内野練習に投球練習にと忙しいが、今後のチームの要であるので、ユーティリティプレーヤー目指して頑張っていこう!

今回は先制点を取り、幸先の良い展開であったが、その裏に同点とされ、その後追加点も取られ、こちらは追加点を挙げることが出来なかった。

打撃練習にも今後は時間をかけ、
「鋭いスイングで鋭い打球を打つ」
これを目指してやっていこう。

走塁は次を狙う姿勢が前面に出ており、結果として得点に結びついている。練習の成果であり、今後も続けよう。

一方で気持ちを盛り上げることやバントや捕球、送球などの基本プレーが雑になっていて、残念な点もあった。

基本に忠実なプレー、これを徹底し、個々の確実なプレーがチームとして良い結果に結びつくことに気付かせてあげたい。

イーグルスのチームプレーを次戦で期待!

みどりさん、ありがとうございました。

応援してくれた母の皆様、ありがとうございました。

1勝目指して頑張っていきますので、引き続き、声援を宜しくお願い致します!!
2017年5月21日(日)あじさい春季リーグ戦  VS松風スラッガーズ
平成29年5月21日(日)PM
あじさい春季リーグ戦
VS松風スラッガーズ @片小

【試合結果】
片平 1150= 7
松風 2031= 6

【試合経過】
1回表
初回の大事な攻撃は、四球でタカとコウが出塁し2死1-2塁のチャンス。ここで5番ユウタロウがセンターへのタイムリーヒット! タカが生還し、幸先よく1点を先制。

1回裏
先発はコウ。連続四球でのスタートも、キャッチャーヒロユキが盗塁阻止の好送球で一息つく。その後1-3塁となり内野ゴロを打たせるが、その間に1点献上。さらにセンター前へ運ばれ逆点される。

2回表
アキが四球で出塁し、すかさず盗塁。シュウヤがきっちり送りバントを決め、1死3塁とチャンスを拡げる(このバント成功が効いている)。続くユウスケは粘りに粘って執念のショートゴロ、この間にアキが生還し同点とする!

2回裏
先頭をショートゴロで1死。続く打者にはボテボテのサードゴロで内野安打を許すが、ヒロユキの強肩が冴え、盗塁阻止で2死。スリーアウト目はファーストフライ。コウがしっかり立ち直り、修正能力を見せる。

3回表
四球のコウが盗塁で2進。ヒロユキは内野安打で1死1-3塁とチャンスを拡げる。ここでユウタロウのスクイズは、小フライとなりながらも成功!自身も1塁に生きてチャンスを拡げる活躍。続くユウタが四球で満塁とすると、アキの打球はサードへ! 相手守備の乱れる間に2者が生還。さらにユウスケの内野ゴロでアキも還り、この回一挙5点!試合を優位に進める。

3回裏
リードしたあとの大事な回、相手は1番からの好打順。セカンドゴロをタツミがきっちり処理してワンアウト。四球のあと3、4番に連打を許してしまい2点。続く5番の強い打球はユウスケの前へ、強肩レーザービームでライトゴロに仕留める! (このプレーは大きかった!) 続く打者の不運な内野安打でこの回3点目を取られる。疲れのみえるコウは死球を与えてここで降板。緊急登板のユウタロウだが、落ち着いたマウンド捌きで三者残塁!6年生たちの活躍でピンチを切り抜ける。

4回表
2点差に迫られ、もう一押ししたいこの回だったが、淡白な攻撃で8球でチェンジ(ここで粘れる力を身につけよう)。

4回裏
時間的に最終回のこの回、抑えのヒロユキがマウンドへ。前の試合に続きアキがマスクをかぶる。
サード・セカンドへゴロを打たせ、簡単に2死とする。続く3番はレフトへの大きなフライ、シュウヤ懸命に追うがあと一歩で捕れず。センターユウタが必死のカバーでシングルヒットに留めるナイスプレー。このあとエラーが重なり1点差に迫られる。ここから死球が続き、2死2-3塁と逆点サヨナラの大ピンチ粘る打者を最後は守護神ヒロユキが三振に切ってとり、7対6の接戦をものにした!

【監督よりコメント】
春のリーグ戦を終えて成長がみられる選手たち。いろいろなポジションを試しながらの試合となった。
攻撃面ではユウタロウの先制打が光る。チームに勢いと勇気を与えてくれる一打だった。
途中、サインミスやバントの失敗が重なった(ここは反省点)が、その後の集中力でなんとかカバーした。
同点とされた3回は、得意の走力を活かして突き放した。この攻撃を演出できたのも、直前の2回ウラを3人でゼロに抑えたからこそ。
試合の流れを体得しつつあるのかな?
最終回はベンチのハラハラなど全く気にせず、選手たちはどっしりと構えて戦った。周りの想いよりも成長している君たちに脱帽です。
先制し逆点されるも、逆点し返し突き放す、迫られながらも逃げ切り接戦をものにした。
リーグ戦の経験を活かしたナイスゲームでした。

松風スラッガーズさん、ありがとうございました。